このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「十二竹」です。

 二貫借りてる 

 

かんしゃくの、

 

やりばのなさに

 

投げ出した、

 

竹のおもての

 

こみどりを、

 

ちかりと白く

 

光らせる、

 

縁の日ざしの

 

うららかさ。

 

十二竹

 

かへしそこねて

 

投げ出して、

 

すこし泪の

 

にじむ眼に──

 

(十二竹:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

子供時代に遊んだ竹の棒、思い出しました。

 

十二竹というんですね。

 

名前すら忘れてしまった遠い日、

 

今の子供たちには考えられない遊びでしょう。

 

鈴木 澪

 

 

日曜の午後で書いた十二竹が気になって単独登場!

 

いなかに行った時、あそんだことのある人から

 

12竹をもらって来ました。

 

私の筆立に立ってます。

 

そろえてチョンチョンなげてつかんでやってみました。

 

大西 進