このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「おとむらひ」です。

ふみがらの、おとむらひ。 

 

鐘もならない、お供もゐない、

 

ほんのさみしいおとむらひ。

 

うす桃色のなつかしさ、

 

憎い、大きな、状ぶくろ、

 

涙ににじんだインクのあとも、

 

封じこめた花びらも、

 

めらめらと、わけなく燃える、

 

焔が文字になりもせで、

 

すぎた、日のおもひ出は、

 

ゆるやかに、いま

 

夕ぐれの空へ立ちのぼる。

 

(おとむらひ:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

古い思いを断ち切ろうとした時に、

 

古い手紙などを捨てたりしますが、

 

一つひとつ燃やして灰となり煙りとなると、

 

その過去の思い出が

 

より鮮明に脳裏をよぎっていきます。

 

鈴木 澪

 

 

みすゞさんが書いて出せなかった手紙も

 

きっとふくまれていると思います。

 

すぎた思い出の手紙、はてさてどなた?

 

「師」の手紙もその後発見なきところをみると……。

 

ひょっとして……。と作曲しました。

 

大西 進