このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「大晦日と元日」です。

 兄さまは掛取り、 

 

母さまはお飾り、

 

わたしはお歳暮。

 

町ぢゆうに人が急いで、

 

町ぢゆうにお日があたつて、

 

町ぢゆうになにか光つて。

 

うす水いろの空の上、

 

鳶(とんび)は靜かに輪を描いてた。

 

兄さまは紋附き、

 

母さまもよそゆき、

 

わたしもたもとの。

 

町ぢゆうに人があそんで、

 

町ぢゆうに松が立つてて、

 

町ぢゆうに霰が散つてて。

 

うす墨いろの空の上、

 

鳶は大きく輪を描いてた。

 

 

(大晦日と元日:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

大晦日と元日とは、

 

たった一日違いなのに

 

その変わり様は大違いといったところです。

 

せっせと立ち働いて、

 

元日はおごそかに振袖を着て

 

すまして迎えます。

 

鈴木 澪

 

 

冬空にトンビとは、

 

さすがお魚の町ですね。

 

トンビには暮れも正月もありません。

 

ただ、ゆうゆうと空をとぶ、いい絵です。

 

大西 進