このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「お正月と月」です。

お月さん、 

 

なぜやせる。

 

かど松の

 

松の葉のよに

 

なぜ細る、

 

お正月くるに。

 

 

(お正月と月:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

子供にとってお正月って

 

本当に待ち遠しいくらいの楽しいものでした。

 

そのお正月を喜ばない人なんて

 

いるはずがないと思う程でした。

 

それにひきかえ

 

冬の夜空はなぜかさびしいものです。

 

鈴木 澪