このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「初あられ」です。

あられ

 

あられ

 

手に受けて、

 

春の夜の

 

お雛まつりを

 

ふとおもふ。

 

おなじみの隣の雛は

 

こんな晩、

 

暗いお倉の片隅の

 

ひとりびとりの箱のなか。

 

ぱら、ぱら、と

 

きれぎれに 

 

樋うつ音を聽いてゐよ。

 

あられ

 

あられ

 

初あられ。

 

(初あられ:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

空から降って来るあられ、

 

それを見ていて

 

お雛祭りのあられを連想したんですね。

 

冷たいあられと美味しいあられ、

 

あられもいろいろあるんですね。

 

鈴木 澪

 

 

昔は夜はほんとうに静かでしたね。

 

太陽と共に起きて太陽と共に家へ帰って。

 

静かな夜、すべての音が不思議な話しをするのです。

 

大西 進