このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「暗夜」です。

 

暗い廣い原つぱで、 

 

誰か唱歌をうたつている。

 

高臺(たかだい)に並んだ窓の灯の、

 

一つを影が暗くする。

 

とほい巨きな都會(まち)の空、

 

ぽつと砂金をぼかしてる。

 

物干臺(ものほしだい)にひとり居て、

 

蜜柑たべたべ眺めてる。

 

 

(暗夜:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

人は時々、忙しい日常生活から

 

逃れたい思いになる時があります。

 

そんな時、遠い町の灯を見たり、

 

夕焼けを見たり、星空を見たり

 

することって良く有ります。

 

そして、小さなことで

 

悩んでいたりしたことを

 

忘れて心が穏やかになります。

 

鈴木 澪

 

 

夜は昔はまっ暗がり。

 

でも遠い都会は夜も電気が

 

夜空をうっすらと明るくする。

 

大西 進