このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「海と山」です。

海からくるもの 

 

なあに。

 

海からくるもの

 

夏、風、さかな、

 

バナナのお籠。

 

それから、新造(しんぞ)のお舟にのつて、

 

海からくるもの

 

住吉まつり。

 

山からくるもの

 

なあに。

 

山からくるもの

 

冬、雪、小鳥、

 

炭積んだお馬。

 

それから、ゆづゆづゆづり葉にのつて、

 

山からくるもの

 

お正月。

 

 

(海と山:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

お正月は山からくるという事を

 

みすゞさんで知りました。

 

確かに海からではないなあと思います。

 

冷静沈着に物事を考えていた

 

みすゞさんを感じます。

 

鈴木 澪

 

 

なぞなぞあそびのうたの一つ。

 

海も山も人々のくらしに

 

大切なものをいっぱいかかえている。

 

ゆづり葉の木の葉は広い葉っぱだから、

 

おもちをつつんだのかな。

 

沖縄では「サンニン」の葉に

 

もちをつつむから。

 

大西 進