このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「くれがた」です。

暗いお山に紅い窓、 

 

窓のなかにはなにがある。

 

空つぽになつたゆりかごと、

 

涙をためた母さまと。

 

明るい空に金の月、

 

月の上にはなにがある。

 

あれはこがねのゆりかごよ、

 

その赤ちやんがねんねしてる。

 

 

(くれがた):金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

みすゞさんの気持ちが痛い程に感じます。

 

母親にとって子供とは

 

自分の命より大切なもの。

 

その子供がとつぜんいなくなるのは

 

何よりも辛いもの。

 

この詩では赤ちゃんが月の上の

 

こがねのゆりかごで眠っている。

 

なぜかホッとします。

 

鈴木 澪

 

 

上弦の月は本当に舟のよう、

 

ゆりかごのよう。

 

でも、少し悲しい物語。

 

いなくなった赤ちゃんが空に

 

のぼっていったなんて。

 

大西 進