このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「冬の花雨」です。

「母さま、母さま、ちよいと見て、 

 

雪がまじつて降つててよ。」

 

「ああ、降るのね。」とお母さま、

 

お裁縫(しごと)してるお母さま。

 

──氷雨の街をときどき行くは、

 

 みんな似たよな傘ばかり。

 

「母さま、それでも七つ寝りや、

 

やつぱり正月來るでしようか。」

 

「ああ、來るのよ。」とお母さま。

 

春着縫つてるお母さま。

 

──このぬかるみが河ならいいな、

  

ひろい海なら、なほいいな。

 

「母さま、お舟がとほるのよ、

 

ぎいちら、ぎいちら、櫓をおして。」

 

「まあ、馬鹿だね。」とお母さま、

 

こちら向かないお母さま。

 

──さみしくあてる、左の頬に、

  

つめたいつめたい硝子です。

 

 

(冬の雨:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

針しごと中のお母さんは忙しそう、

 

返事もうわの空。

 

子供はひとり淋しくしている。

 

つめたい硝子がさらに淋しくさせます。

 

鈴木 澪

 

 

こちらをみて、お母さま。

 

でも声はすれど向き合えず、

 

さみしい心の冬の雨。

 

大西 進