このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「紙の星」です。

思ひ出すのは、 

 

病院の、

 

すこし汚れた白い壁。

 

ながい夏の日、いちにちを、

 

眺め暮した白い壁。

 

小さい蜘蛛の巣、雨のしみ、

 

そして七つの紙の星。

 

星に書かれた七つの字、

 

メ、リ、ー、ク、リ、ス、マ、七つの字。

 

去年、その頃、その床(とこ)に、

 

どんな子供がねかされて、

 

その夜の雪にさみしげに、

 

紙のお星を剪つたやら。

 

忘れられない、

 

病院の、

 

壁に煤けた、七つ星。

 

 

(紙の星:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

子供にとっては楽しいはずのクリスマス。

 

病院でもクリスマスの

 

お祝いをしたのでしょう。

 

病院の子供を思い、

 

去年の病室を思い出しているみすゞさんです。

 

鈴木 澪

 

 

印象深い詩です。

 

作曲した時も、ずっと時間がすぎた

 

今も星にかかれたメリークリスマス、

 

このあとの一字にどんなメロディーを

 

かこうかと考えたあの作曲の日。

 

「七つ星」を発見!

 

大西 進