このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「數字」です。

二つと三つで五つです、 

 

五つと七つで十二です。

 

一年生になりたては、

 

濱の小石を拾つて行つて、

 

それで算術習ひます。

 

何萬、何千、何百を、

 

割つたり、掛けたり、加へたり、

 

そんなお算用する今は、

 

サンタクロスの小父さんほども、

 

小石背負(しよ)はなきやなるまいに。

 

かろい鉛筆一本で、

 

書ける數字は、嬉しいな。

 

(數字:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

数字って本当に便利なものです。

 

どんな大きな数でも鉛筆一本で

 

表わすことができるのですから。

 

鈴木 澪

 

 

「一本の鉛筆があれば……」

 

私なら絵を描きます。

 

いや白い紙に5本の横線を引いて

 

白と黒の玉を並べます。

 

大西 進