このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「やせつぽちの木」です。

森の隅つこの木が云うた。 

 

「きれいな小さな駒鳥さん、

 

わたしの枝でも、おあそびな。」

 

高慢ちきな駒鳥は、

 

よその小枝で啼いてゐた。

 

「あかい實もない、花もない、

 

やせつぽちさん、お前には、

 

森の女王は呼べまいよ。」

 

  (誰がきいてた、

 

 誰か知ら、

  

きいてお空へ告げに行た。)

 

高慢ちきな駒鳥が、

 

日ぐれにまた來てたまげたは、

 

やせつぽちの木、その梢、

 

黄金の木の實が光つてた。

 

  (まるい、十五夜お月さま。)

 

 

(やせつぽちの木:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

十五夜のお月様を

 

黄金の木の実と表現するみすゞさんは

 

さすがに詩人です。

 

やせっぽちの木に加勢するみすゞさんは

 

弱いものに味方するやさしい女性です。

 

鈴木 澪

 

 

私も冬木立が好きで、

 

メタセコイアの冬木立に空の星や月を

 

さかせて歩いています。今だって。

 

大西 進