このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「落葉のカルタ」です。

山路に散つたカルタは 

 

なんの札。

 

金と赤との落葉の札に、

 

蟲くひ流の筆のあと。

 

山路に散つたカルタは、

 

誰が讀む。

 

黒い小鳥が黒い尾はねて、

 

ちちッ、ちちッ、と啼いてゐる。

 

山路に散つたカルタは

 

誰がとる。

 

むべ山ならぬこの山かぜが、

 

さつと一度にさらつてく。

 

 

(落葉のカルタ:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

落葉をカルタになぞらえるところが

 

とてもみすゞさんらしいです。

 

そのカルタに書かれた文字の流派が

虫くい流」なんて愉快な発想。

 

小鳥が読んで、取るのは風、

 

この短い詩の中に

 

自然の美しい物語があります。

 

鈴木 澪

 

 

そして、もう落葉のおはなし。

 

むべ山風を嵐というらん……、

 

むべ山ならぬこの山かぜがとは

 

みすゞさんにしてめずらしい引用が。

 

大西 進