このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「林檎畑」です。

七つの星のそのしたの、 

 

誰も知らない雪國に、

 

林檎ばたけがありました。

 

垣もむすばず、人もゐず、

 

なかの古樹の大枝に、

 

鐘がかかつてゐるばかり。

 

  ひとつ林檎をもいだ子は、

 

 ひとつお鐘をならします。

 

  ひとつお鐘がひびくとき、

  

ひとつお花がひらきます。

 

七つの星のしたを行く、

 

馬橇(ばそり)の上の旅びとは、

 

とほいお鐘をききました。

 

とほいその音をきくときに、

 

凍つたこころはとけました、

 

みんな泪になりました。

 

 

(林檎畑:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

りんごは寒い北の国に成ります。

 

そしてむかしから一番なじんでいた果物で

 

嬉しいとき、悲しいとき

 

甘ずっぱいそれは心を

 

なぐさめてくれたものでした。

 

鐘の音は何かの合図として鳴らされます。

 

時に楽しく、時に物悲しく、

 

私たちの心に響いてきます。

 

北を行く旅人がその悲しい辛い心に

 

あった想いを鐘の音が、

 

もう泪として流してもいいよ、

 

とつげました。

 

鈴木 澪

 

 

「さみしい王女」をかいたあと

 

連作のようにも思える。

 

心の深いところに表われる

 

みすゞさんの風景。

 

合唱曲としても好まれ、

 

よく演奏する曲の一つ。

 

ひとつ鐘の音が遠くの山や

 

海に広がって、

 

その時ちがう世界で美しい花が咲く。

 

詩のテーマとしては他の詩人の詩にもあるが、

 

ステージづくりは天才的なみすゞさん。

 

鐘の音は一番遠くに音を運ぶ

 

「鳴り物」として教会のチャペルや

 

世界中で使われている。

 

NHKのど自慢のカネは一つでも明るい。

 

人に知らせる一番大切な鐘のことが、

 

次々に浮かんでくる。すごい詩だ!

 

大西 進