このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「空つぽ」です。

あかい手箱にいつぱいの、

 

きれいなきれを着せてみる、

 

私の人形は、空つぽよ。

 

からつぽだから、いつまでも、

 

顔もよごれず、手ももげず、

 

世界で一ばんきれいなの。

 

からつぽだからその上に、

 

はなしも出來りやききもして、

 

世界で一ばんりこうなの。

 

紅い鹿の子や、友禅や、

 

飽かずに、飽かずに、着せかへる、

 

私の人形は、からつぽよ。

 

(空つぽ:金子みすゞ)

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より

 

みすゞさんは人形を空想しているんですよね。

 

持っていないお人形、あったらいいけど

 

ないから色々考えるし、

 

世界中のどんな人形よりもきれいで、

 

りこうで、何でも自由になります。

 

鈴木 澪

 

透明人間ならぬ「透明人形」を考えるみすゞさん、

 

実は私も子どもの頃「透明人間」がはやっていて、

 

なれたらどんなにいいかと思ってました。

 

今だってふと思う。

 

みんなの中にいても姿がみえないから

 

「何んて言ってるか、本音がききたくて……」。

 

みすゞさんの「人形」は美しい人形を

 

思ってだからチョッとちがったかな、

 

ハハハ……。

 

大西 進

 

 

 

 

 

 

 

 

明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)