このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「野茨の花」です。

白い花びら 

 

刺のなか、

 

「おうお、痛かろ。」

 

そよ風が、

 

駈けてたすけに

 

行つたらば、

 

ほろり、ほろりと

 

散りました。

 

白い花びら

 

土の上、

 

「おうお、寒かろ。」

 

お日さまが、

 

そつと、照らして

 

ぬくめたら、

 

茶いろになつて

 

枯れました。

 

 

(野茨の花:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

そよ風もお日さまも何の悪気もなく、

 

白い花によかれと思ってしたことが

 

皮肉にも悲しい結果となりました。

 

鈴木 澪

 

 

散った花びらに思いを寄せて

 

いくつかの詩を書いてきたみすゞさん。

 

枯れた花びらは

 

「そーか、お日さんがあたためたのか」

 

さすがだね、みすゞさん。

 

大西 進