このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「お寝着」です。

八時打ちます、 

 

お時計が、

 

おねまき着せます。

 

おかあさま。

 

白い、白い、おねまきを、

 

着て寢りや、

 

白い夢ばかり。

 

お花のついた晝のベベ、

 

着て寢りや、

 

お花になれように。

 

蝶々のついた外出着(よそゆき)を

 

着て寢りや、

 

蝶々になれように。

 

だけども母さま

 

着せるから、

 

だまつて着ませう

 

白ねまき。

 

 

(お寢着:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

女の子はフリフリのピンクが好き。

 

でも大人は清潔という理由から、

 

なんの飾りもない白いものを選びます。

 

みすゞさんはいつも女の子の代弁者です。

 

鈴木 澪

 

 

花のついたの着てる日は

 

心の中は花ざかり。

 

「いいこときいたなァー」。

 

男は何を来たらいいいい?

 

大西 進