このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「しもやけ」です。

しもやけの 

 

すこうしかゆい小春日に、

 

お背戸の山茶花咲きました。

 

その花折つて髪にさし、

 

そしてしもやけ見てゐたら、

 

ふつと、私がお噺(はなし)の、

 

継娘(ままこ)のやうにおもはれて、

 

淺黄に澄んだお空さへ、

 

なにかさみしくなりました。

 

(しもやけ:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

お前は橋の下で拾われたんだよ」

 

という冗談をまにうけて、

 

もしかして本当は自分はままこなのかも、

 

と考えて独りぼっち空想の世界で

 

悲しくなったりすることって

 

きっとだれでもあったのでは。

 

鈴木 澪

 

 

あかぎれ、

 

しもやけは水仕事しない子どもたちも

 

冬になやまされたっけ。

 

私もいつも手足はそうだった。

 

そんな時代をふと思って読んで

 

昔を思う私です。

 

大西 進