このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「山と空」です。

 もしもお山が硝子だつたら、 

 

私も東京が見られませうに。

 

──お汽車で

 

 行つた、

  

兄さんのやうに。

 

もしもお空が硝子だつたら、

 

私も神さまが見られませうに。

 

──天使に

  

なつた

  

妹のやうに。

 

(山と空:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

みすゞさんには妹はいなかったと思いますが、

 

でもこの詩のこの部分には妹が使われると

 

グンと良くなっていると思います。

 

鈴木 澪

 

今「山」のうたをうたっています。

 

もし丹沢がガラスなら

 

山のすそまで富士山がみられます。

 

(一番よく見える日だって頭の白いところだけ)

 

大西 進