このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「淡雪」です。

 

雪がふる、 

雪がふる。

 

落ちては消えて

どろどろな、

ぬかるみになり

雪がふる。

 

兄から、姉から、

おととにいもと、

あとから、あとから

雪がふる。

 

おもしろさうに

舞ひながら、

ぬかるみになりに

雪がふる。

 

(淡雪:金子みすゞ)

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より

 

湿り気の多い新雪が降ると、

道路はこんな風にぬかるみになります。

雪のきょうだい達が、

空から舞い落ちる様子が

この短い詩に凝縮されています。

 

鈴木 澪

 

「ぬかるみになり、雪がふる」

みすゞさん自身の思い、生き方、

人生もそれでいい、

そうなればいいと強く思って生きた人。

このことば二度も使って……。

 

大西 進 

  

 

明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)