このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「曲馬の小屋」です。

 

 

 樂隊の音にうかうかと、

 

小屋のまへまで來は來たが、

 

灯がちらちら、御飯どき、

 

母さんお家で待つてゐよう。

 

テントの隙にちらと見た、

 

弟に似たよな曲馬の子、

 

なぜか戀しい、なつかしい。

 

町の子供はいそいそと、

 

母さんに連れられて、はいつてく。

 

柵にすがつてしみじみと、

 

母さんおもへど、かへられぬ。

 

(曲馬の小屋:金子みすゞ) 

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

弟に似ている曲馬の子に、

 

みすゞさんの心はときめきます。

 

早く家に帰らなくては……と

 

思いながらも帰ることができない、

 

その気持ちが伝わってきます。

 

鈴木 澪

 

 

  

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)