このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「しあはせ」です。

桃いろお衣(べべ)のしあはせが、

 

ひとりしくしく泣いてゐた。

 

夜更けて雨戸をたたいても、

 

誰も知らない、さびしさに、

 

のぞけば、暗い灯のかげに、

 

やつれた母さん、病気の子。

 

かなしく次のかどに立ち、

 

またそのさきの戸をたたき、

 

町中まはつてみたけれど、

 

誰もいれてはくれないと、

 

月の夜ふけの裏町で、

 

ひとりしくしく泣いてゐた。      

 

(しあはせ:金子みすゞ) 

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

世の中には、不幸なひとのなんと多いことか、

 

桃色のしあわせはそれが悲しくて

 

泣いているのでしょう。

 

みんながもっと幸せになって、

 

身も心も明るいももいろになってくれる

 

ことが願いなのです。

 

いつの世も「しあはせさん」が

 

満足できるような時代にはならないものです。

 

悲しいけれど……。

 

みすゞさんも心から願っていたことなのでしょう。

 

世界の平和、みんなの幸せを!!

 

鈴木 澪

 

 

桃色おべべの女の子、きれいなおべべで

 

幸せそうに見えるけど一人ぼっちで、

 

さびしくて夜更けに町をさまよって。

 

どこかにあたたかくむかえてくれるところはないかと、

 

家から家をまわります。

 

けれど、このさびしさはうめられず、

 

月夜の裏通りでつい涙がこぼれました。

 

大西 進