このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「文字燒き」です。

文字燒きの燒けるにほひよ、

 

雨がふる、

 

こんこんこまかな雨がふる。

 

駄菓子屋の奥の暗さよ、

 

ぽつちりと、

 

あかい煙草の火がみえる。

 

五六人そこらの辻で、

 

くちぐちに、

 

さよならしてる聲がする。

 

文字燒きの燒けるにほひよ、

 

雨がふる、

 

こんこんこまかな雨がふる。

 

(文字燒き:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

お菓子のお焼きは幼い頃、

 

嬉しかったおやつだった。

 

私も子どものころ、お焼き買いは私の役目で、

 

夜、買いに走った記憶があります。

 

雨の日には傘をさし、少し緊張ぎみに行ったのでしょう。

 

鈴木 澪

 

 

おいしいおかしをかいにきて、町の姿や空もよう、

 

みんな一つに詩の世界にとじこめて、

 

よむ人をたのしませて。雨も仲間入りですね。

 

大西 進