このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「遠い火事」です。

 

遠い火事、

 

忘れたやうに、みんなして、

 

戰ごつこをしてゐたよ。

 

消えた、消えた、と駈けて來た。

 

誰かの鼻先、工兵が、

 

敵の地雷をつかまへた。

 

勝負がついて、みちばたで、

 

みんながせいせいいつてたら、

 

三番組が引上げた、

 

らつぱ吹き吹き通つた。

 

みんな、だまつて見送つた、

 

黒くポンプのゆく空にや、

 

半分かけたお月さん、

 

とても大きな傘さしてた。

 

(遠い火事:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

子供時代というものは、

 

実に無責任に遊んでいればいいのですから

 

のんきなものです。

 

それでも少しは子供心にも感じたりもします。

 

鈴木 澪

 

 

戦争ごっこは敵味方に2つに分かれてします。

 

それぞれ役があり、馬になったり

 

地雷役になったりします。

 

草かげにひそんで誰かが近づくと

 

ドカーンといって相手と共に死んだふり。

 

あそびは夜になると終ります、ふと見上げる空。

 

大西 進