このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「麥の芽」です。

 

 お百姓、畠に麥まいた。

 

毎晩、夜霜が降りたけど、

 

毎朝、朝日が消してつて、

 

畠はやつぱり黒かつた。

 

ある夜、夜なかに誰か來た、

 

杖を三べん振つてゐた。

 

「こどもよ、こども、出ておいで。」

 

あけの明星と、お百姓と、

 

一しよに麥の芽みィつけた。

 

そこにもここにもみィつけた。

 

(麥の芽:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

なかなか芽の出ない麦、

 

不思議なパワーで翌朝芽が出て喜ぶお百姓。

 

植物のそんな変化の早さには

 

本当に魔法を感じます。

 

鈴木 澪

 

 

植物や作物が芽を出す姿を、

 

こんなお話にしてみました。

 

種をまいたら、早く芽を出せ

 

と期待とうまく出るかな?という不安。

 

出た時のうれしさ、うまれ出るよろこび、

 

人も太陽もみんなよろこんでステキです。

 

大西 進