このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「あるとき」です。

 

お家のみえる角へ來て、

 

おもひ出したの、あのことを。

 

私はもつと、ながいこと、

 

すねてゐなけりやいけないの。

 

だつて、かあさんはいつたのよ、

 

「晩までさうしておいで」つて。

 

だのに、みんなが呼びにきて、

 

わすれて飛んで出ちやつたの。

 

なんだかきまりが悪いけど、

 

でもいいわ、

 

ほんとはきげんのいいはうが、

 

きつと、母さんは好きだから。

 

(あるとき:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

怒られてすねていても、

 

お友達が呼びに来ると何もかも忘れて

 

いっしょに遊びにいってしまうのが子どもです。

 

思い出してもあとのまつり。

 

鈴木 澪

 

 

昔、家の中の仕事はたくさんありました。

 

なんでも人の手でするからです。

 

今はチーン、ポーンと自動の世の中ですけれど。

 

子どももたくさん次々とあれしなさい、

 

これ手伝ってといわれます。

 

あそびたいさかりの子どもは

 

「なんで私ばっかりに用事を言うの」

 

とプンとふくれます。そこでおこられてしまいます。

 

「すねる」、子どもの生活に大きな位置をもつことば。

 

大西 進