このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「次からつぎへ」です。

 

 月夜に影踏みしてゐると、

 

「もうおやすみ」と呼びにくる。

 

(もつとあそぶといいのになあ。)

 

けれどかへつてねてゐると、

 

いろんな夢がみられるよ。

 

そしていい夢みてゐると、

 

「さあ學校」とおこされる。

 

(學校がなければいいのになあ。)

 

けれど學校へ出てみると、

 

おつれがあるから、おもしろい。

 

みなで城取りしてゐると、

 

お鐘が教場へおしこめる。

 

(お鐘がなければいいのになあ。)

 

けれどお話きいてると、

 

それはやつぱりおもしろい。

 

ほかの子供もさうか知ら、

 

私のやうに、さうか知ら。

 

(次からつぎへ:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

私たちは何気なく、次から次と

 

やり過ごして毎日を暮らしているけれど、

 

深く考えると、こんなふうに

 

みすゞさん流に楽しくなります。

 

だから、いやだと思わないでいることにします。

 

鈴木 澪

 

 

この題名のとおり、次からつぎへ

 

会話しているものをみつけていけ

 

ば無限ですね。私はつぎつぎ、

 

こんな風にお話ししたり、感じたり、

 

あなたもそう?とズバリ問うてます。

 

みおさんもそう?そうですよね。

 

私もぼくもそう。でもほんとを言えば、

 

こうしてみすゞさんに教わったから。

 

でも、ぼくはつぎからつぎへと出てこなくて、

 

時々ポッン!と出てくるだけです。

 

忙しいからかな?TVのみすぎかな?

 

大西 進