このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「空屋敷の石」です。

 

空(あき)屋敷の石が

 

なくなつたよ。

 

とりもち搗(つ)くのに

 

よかつたに、なあ。

 

石はお馬車に

 

乗つてつたよ。

 

空屋敷の草は

 

さびしさうだ、なあ。

 

(空屋敷の石:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

石がなくなったあとの草の気持ちを代弁している、

 

みすゞさんの優しさ。

 

ふつう見過ごしてしまう事柄なのに、

 

みすゞさんは草の思いを

 

さびしそうに感じるなんて、

 

そこに「愛」を見つけます。

 

鈴木 澪

 

 

「さよなら」というみすゞさんの詩

 

「鐘の音は鐘にさよなら」を生みだす

 

みすゞさんの視点。ほんと独自の世界です。

 

大西 進