このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「納屋」です。

 

 納屋のなかは、うす暗い。

 

納屋のなかにあるものは、

 

みんなきのふのものばかり。

 

あの隅のは縁台だ、

 

夏ぢゆうは、あの上で、

 

お線香花火をたいて居た。

 

梁に挿された、一束の、

 

黒く煤けたさくらの花は、

 

祭に軒へさしたのだ。

 

いちばん奥にみえるのは、

 

ああ、あれは絲ぐるま、

 

忘れたほども、とほい日に、

 

お祖母さまがまはしてた。

 

いつも、夜なかにや屋根を洩る、

 

月のひかりをつむぐだろ。

 

梁にかくれて、わるものの、

 

蜘蛛がいつでもねらつてて、

 

絲を盗つては息かけて、

 

呪ひの絲に變へるのを、

 

晝は眠てゐて知らないで。

 

納屋のなかは、うす暗い。

 

納屋のなかには、なつかしい、

 

すぎた日のかずかずが、

 

蜘蛛の巣にかがられてゐる。

 

(納屋:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

納屋の中にあるものは、

 

みんななつかしいものばかり。

 

あの日、あの時に使ったものたち。

 

時間がたって、

 

くもの巣がはってしまったものもある。

 

納屋のなかは過去がいっぱいつまった、

 

まるでタイムマシーンのようだ。

 

鈴木 澪

 

 

なんでも自分の家でつくってた昔。

 

道具がいっぱいありました。

 

納屋がなければのき下に。

 

そして季節がくるたび、表に出して。

 

五連目のくもの月の光の織り物を

 

くもの糸にするなんて。

 

でもくもの巣ほんとにキレイですね。

 

大西 進