このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「行軍将棋」です。

 

行軍將棊の騎兵さん、

 

敵のとりこになりました。

 

とりこになつた騎兵さん、

 

お掌の陣をぬけようと、

 

あまりあせつて落つこちた。

 

わあい、わあい、大へんぢや、

 

助けておくれよ、燒け死ぬる。

 

たまげて小蝿がのぞいたら、

 

火のない火鉢のまん中で 

 

騎兵いとしや、灰だらけ。

 

(行軍將棊:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

ちょっぴりユーモラスな場面のある詩です。

 

いろいろな表現の試しをしている

 

みすゞさんの一面が伺えます。

 

鈴木 澪

 

 

みすゞさんの家は、くらしの面でも

 

あまり不自由ではなかったか、

 

それとも新しいものへの目があったのか、

 

「西洋文化」が各所に詩となって表れます。

 

「騎兵」は日露戦争でも表れます。

 

男兄弟にはさまれ、みすゞさん

 

男の子のおもちゃも身近かでした。

 

大西 進