このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「老楓」です。

 

 

年とつた庭の楓に

 

十一月のお日さまは

 

ときが來たよ、といひました。

 

年とつた庭の楓は

 

うつうつと晝寢してゐて

 

色づくことを忘れました。

 

新建ちのお倉の屋根が高いから

 

十一月のお日さまは

 

ちらとのぞいたきりでした。

 

年とつた庭の楓の

 

青い葉は青いまんまで

 

しづかに散つてゆきました。

 

(老楓:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

お年寄りに寄せる優しい思い。

 

お年寄りの楓だったら、

 

色づくことを忘れることもあるのですね。

 

人間も年をとるとうっかりしたり、

 

いろいろと不自由なものです。

 

若いみすゞさんは多方面に心配りをすることのできる、

 

人のことを親身になって考えることの

 

できる人だったのですね。

 

鈴木 澪

 

 

みんな秋には紅葉するのに

 

陽かげのかえでは色づきません。

 

人に気づかれない一枚の葉っぱに、

 

いっぱいの心を寄せるみすゞさん。

 

ふと涙がこぼれます。

 

私も……、と共感しているようで……。

 

こんな風に自分をみる瞬間があるのかと。

 

大西 進