──もうすこし、

 

──もうすこし。

 

芒はせい伸びしてゐます。

 

あまり照られてしほれそな、

 

白いやさしいひるがほを、

 

どうにか、蔭にしてやろと。

 

──もうすこし、

 

──もうすこし。

 

お日はぐづぐづしてゐます。

 

まだまだ籠は大きいに、

 

あれつぽちしかよう刈らぬ、

 

草刈むすめがかあいそで。

 

(芒とお日さま:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

みすゞさんの優しさがあふれた詩です。

 

このような心使いをみんなでできたなら、

 

この世はきっと住み良いところに

 

なるだろうと思います。

 

鈴木 澪

 

 

草がのびるのは、こんなにやさしい心なんて、

 

すてきな発見のみすゞさん。

 

日陰をつくる。いっぱいのびて日陰をつくる。

 

草刈りする娘がたくさん刈れるように、

 

お日さまが応援しているなんて。

 

大西 進