このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「黄金(きん)の小鳥」です。

 

木の葉が黄金に變はつた、

 

私も黄金に變はろ。

 

とほいお國の王様の、

 

使ひが私をおむかへに、

 

寳玉(たま)でかざつた籠もつて、

 

きつと、きつと、きつと、やつて來る。

 

黄金の木の葉は散つた、

 

散つても黄金のいろだ。

 

明日はきつと、變はろ、

 

くろい私が黄金に。

 

黄金の木の葉は朽ちた、

 

黄金になりや、朽ちる、

 

黒くて光つてゐような。

 

(黄金の小鳥:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

黄金色は美しい。みすゞさんも憧れる。

 

でも、やはり自分は黒いままでも

 

いいと思い直すのです。

 

黄金でなくたって充分幸せだから……。

 

鈴木 澪

 

 

良いことは長く続かない。

 

悪いことも長くつづかないものだ。

 

そして幸せは自分が感じて思うもの。

 

最後の2行が胸にズンと来る。

 

私のままで光り続けたい。

 

大西 進

 

 

  

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)