このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「独楽の実」です。

 

赤くて小さい獨樂の實よ

 

あまくて澁いこまの實よ。

 

お掌(てて)の上でこまの實を

 

ひとつ廻しちやひとつ食べ

 

みんななくなりやまた探す。

 

ひとりだけれど、草山に

 

赤いその實はかず知れず

 

茨のかげにのぞいてて、

 

ひとりだけれど、草山で

 

獨樂を廻せば日も闌(た)ける。

 

(獨樂の實:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

手のひらの上で回せる「こまの実」を

 

わたしは知りません。

 

おまけに食べることができるなんて、

 

それは良い実ですね。

 

みすゞさんの様子が目に浮かびます。

 

鈴木 澪

 

 

子どもの時、石や木の実は

 

なぜか宝物みたいに大事にします。

 

木の実は鳥もたべるけど、子どももたべます。

 

今日は一日中草山でしたね。

 

大西 進