このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「唄」です。

 

 

 

 お風邪なほつて

 

表へ出たら

 

みんな袖無着てました。

 

みんなで唄ふ

 

唄きけば

 

「ほうい、ほうい、ほうれん坊。」

 

知らぬその唄

 

ききながら

 

ふところ手して山見れば、

 

山は紅葉になりました。

 

(唄:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

学校を休んでいて、

 

久しぶりに友達に会うと知らない事を習っていて、

 

何となく寂しい気持ちになったりもします。

 

季節も移り変わっているくらい、

 

みすゞさんは長いこと学校を休んでいたのでしょうか?

 

鈴木 澪

 

 

山はもみじ、子どもは半そで、

 

みんなでうたってたのしいな。

 

ハヤシことばうたのように節がついてうたになる。

 

大西 進