このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「魚市場」です。

 

瀬戸に

 

渦まく

 

夕潮

 

とほく

 

とどろく

 

夕暗

 

市のひけた

 

市場に、

 

海からかげが

 

のぞくよ。

 

子供は、子供は、

 

どこにと、

 

何か、何か、

 

のぞくよ。

 

秋刀魚の色した

 

夕ぞら、

 

烏(からす)が啼かずに

 

わたるよ。

 

(魚市場:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

活気のあった魚市場がひけて、

 

人気も無くなり闇が辺りを覆うころの状況ですが、

 

祭りの後の空しさのように一気に寂しさを感じます。

 

カラスたちは何故啼かないのでしょうか?

 

魚市場で残りの捨てられらた魚

 

が口にくわえられているから?

 

鈴木 澪