このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「畠の雨」です。

 

大根(だいこ)ばたけの春の雨、

 

青い葉つぱの上にきて、

 

小さなこゑで笑ふ雨。

 

大根ばたけの晝の雨、

 

あかい砂地の土にきて、

 

だまつてさみしくもぐる雨。

 

(畠の雨:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

雨の降る様子を、よーく

 

観察しているみすゞさん。

 

雨に対して、生きているような感覚を持つと、

 

こんな詩が生まれるのでしょう。

 

鋭い感受性です。

 

鈴木 澪

 

 

雨の音といえば、

 

どんなオノマトペをいいますか?

 

ピッチピッチチャップですか、

 

みすゞさんの目と耳はすごい!

 

音もない雨ではなく

 

「もぐる雨」なんてすてき!

 

大西 進