このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「夢と現」です。

 

夢がほんとでほんとが夢なら、

 

よからうな。

 

夢ぢやなんにも決まつてないから、

 

よからうな。

 

ひるまの次は、夜だつてことも、

 

私が王女でないつてことも、

 

お月さんは手では採れないつてことも、

 

百合の裡(なか)にははいれないつてことも、

 

時計の針は右へゆくつてことも、

 

死んだ人たちやゐないつてことも。

 

ほんとになんにも決まつてないから、

 

よからうな。

 

ときどきほんとを夢にみたなら、

 

よからうな。

 

(夢と現:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

この様な詩を書くときのみすゞさんは、

 

きっとなにか現実の世界に

 

問題を抱えていたのでは?

 

実際だれでも、もしこれが夢であったら……、

 

と思うことはよくあることですし、

 

夢の中ではお金持ちにも王女にもなれますから……。

 

鈴木 澪

 

 

「ゆめとげん」と司会した人がいました。

 

笑えません。「うつつ」

 

という耳から入った言葉は知っていても、

 

漢字で書くことはないから。みすゞさん、

 

いつもむずかしい漢字で詩を書いていますね。

 

ほんとに、みんな夢なら自分の思うように

 

描けて生きられていい。でも、

 

ほんとにここまで考え思うとは

 

ふとセツナイ気持ちにもなります。

 

つらいことがあったのでしょうか?

 

大西 進