このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「祭のあくる日」です。

 

きのふ、神輿の賑ひに

 

つい浮かされて殘つたが

 

昨夜は遠いお囃子に

 

芝居の夢をみてゐたが

 

覺めて母さん呼んだとき

 

みんなに、みんなで笑はれて

 

そつと出てみた裏山の

 

おいてけぼりのお月さま

 

(祭のあくる日:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

自分のことをみんなが笑って、

 

自分はさみしくなって、

 

そんな時の心持ちを表現するのに

 

ピッタリのおいてけぼりのお月さま。

 

鈴木 澪

 

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)