このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「魚の嫁入り」です。

 

さかなの姫さまお嫁入り、

 

むかうの島までお嫁入り。

 

島までつづいたお行列、

 

ぎんぎら、ぎんぎら、銀かざり。

 

島の上にはお月さま、

 

提灯ともしておむかへよ。

 

さてもみごとなお行列、

 

海のおもてをねつてゆく。

 

(魚の嫁入り:金子みすゞ) 

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

魚の結婚式とは何とも奇抜な発想ですよね。

 

海の中では幾多の魚たちが泳ぎ回っている

 

としか思わないのが普通の人ではないでしょうか。

 

魚だっていろいろな事を考えて生きているのかもしれない、

 

改めてそう思いました。

 

鈴木 澪

 

 

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)