このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「手帳」です。

 

 

 

静かな朝の砂濱で

 

小さな手帳をひろつた

 

緋繻子の表紙、金の文字

 

あけてみたれどまだ白い

 

たれが落して行つたやら

 

波にきいても波ざんざ

 

渚に足のあともない

 

きつと今朝がた飛んでゐた

 

南へかへるつばくろが

 

旅の日記をつけるとて

 

買うて落としたものでせう。

 

(手帳:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

みすゞさんはきっと

 

日記をつけていたことでしょう。

 

つばくろにも旅日記を書かせる

 

なんて考えるところが憎いです。

 

誰も考えぬことをみすゞさんは

 

いとも簡単にしてしまう。

 

自由な発想は物事にしばられない

 

子どもの心を失わない人にだけ

 

許される特権です。

 

鈴木 澪

 

 

今日はこんなことがありました、

 

とか明日の約束は手帳に

 

しっかりかきこみます。

 

鳥さんも手帳をもっているのかな……。

 

浜辺でひろった手帳は、

 

きっと鳥さんのものではないかなァー

 

とみすゞさんは空を見上げます。

 

大西 進 

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)