このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「忘れもの」です。

 

 

 

 

 

 

 

田舎の驛の待合室に、

 

しづかに夜は更けました。

 

いつのお汽車を待つのやら。

 

ふるい人形は、ただひとり。

 

しまひの汽車におどろいた、

 

蟲もひそひそ鳴くころに、

 

箒をもつたおぢいさん、

 

ぢつとみつめてをりました。

 

ふるい人形のかあさんは、

 

いく山さきを行くのやら。

 

とほく、こだまがひびきます。

 

田舎の驛は夜更けて、

 

しづかに蟲が、ないてます。

 

(忘れもの:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

古い人形が忘れ去られて、駅のベンチにいました。

 

ほんとうに忘れてゆかれたのでしょうか?

 

それとも、捨てられたものなのでしょうか?

 

鈴木 澪

 

 

駅員さんが終列車のあとの後片付け、

 

人形をみつけて話しかけもせず、

 

時が止まった一瞬の風景、絵になりますね。

 

大西 進 

 

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)