このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「秋のたより」です。

 

 

 

 山から町へのお便りは、

 

「柿の實、栗の實、熟れ候、

 

ひよどり、鶇(つぐみ)、啼き候、

 

お山はまつりになり候。」

 

町から山へのおたよりは、

 

「燕がみんな、去に候、

 

柳の葉つぱが散り候、

 

さむく、さみしく、なり候。」

 

(秋のおたより:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

実りの秋のにぎわいは、

 

まつりのように色とりどりの

 

紅葉や木の実、

 

鳥たちの喜びの声にあふれています。

 

山と町のちがいが秋には顕著になります。

 

鈴木 澪

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)