このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「十三夜」です。

今朝がた通つた 

とほり雨、

霰がまじつて居りました。

 

きのふから

急につめたい風吹いて、

母さま障子を貼りました。

 

いまは雲さへ

見えないで、

つめたく冴えた十三夜。

 

このくさむらで

なく蟲が、

きふにすくなくなりました。

 

(十三夜:金子みすゞ)

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より

 

もう冬間近の季節には障子の破れた穴が気になります。

お母さんはその穴を障子紙で塞ぎます。

障子は寒さを防ぎ暖かさをくれます。

母親の暖かさです。

日本の障子は本当にいいものです。

近頃、障子のない家も多くなりました。

 

鈴木 澪

 

ひまわりの前に秋のことを書いて、

真夏にもどってひまわりを書いたと思ったら、

おやおやもう晩秋ですか、

十三ななつ美しい月ですね。

 

大西 進

 

 

 

  

明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)