このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「紋附き」です。

 

しづかな、秋のくれがたが、

 

きれいな紋つき、着てました。

 

白い御紋は、お月さま

 

藍をぼかした、水いろの

 

裾の模様は、紺の山

 

海はきらきら、銀砂子。

 

紺のお山にちらちらと

 

散つた灯りは、刺繍でせう。

 

どこへお嫁にいくのやら

 

しづかな秋のくれがたが

 

きれいな紋つき着てました。

 

(紋附き:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

秋の暮れかかった山が紋つきを着て

 

お嫁に行くという発想は

 

いったいどうしたら出てくるのでしょうか、

 

やはりみすゞさんは特異な感情を

 

お持ちだったんだなあ、とつくづく思います。

 

鈴木 澪

 

 

「もみじ」の唱歌を思い出します。

 

夕日に映えるもみじは、ほんとうにキレイです。

 

秋の夕日にいろどられた山が、お嫁め入り。

 

みすゞさん、このところ書き初め、

 

美しいもの探しがつづきます。

 

大西 進 

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)