このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「踏切」です。

 

踏切の小屋は大きな空の下。

 

小屋のおもてで爺さんは、

 

けふの新聞よんでゐる。

 

ながい、ながい、影ばうし、

 

裾に嫁菜の花が咲き、

 

胸のあたりで蟲がなく。

 

踏切の柵はしィろい空のなか。

 

草の葉かげでこほろぎは、

 

晝の月見てないてゐる。

 

(踏切:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

昔の踏切は手動で、その番人がいたんですね。

 

それは大抵おじいさんの仕事。

 

のどかな情景です。

 

鈴木 澪

 

 

一つ前の詩「はつ秋」と連なっていますね。

 

秋の空は雲が高い。同じ白い雲でも、

 

夏は低くクロ味もある。

 

秋の空は雲が高く白い。

 

大西 進 

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)