このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「どんぐり」です。

どんぐり山で 

どんぐりひろて、

お帽子にいれて、

前かけにいれて、

お山を降りりや、

お帽子が邪魔よ、

辷ればこはい、

どんぐり捨てて

お帽子をかぶる。

お山を出たら

野は花ざかり、

お花を摘めば、

前かけ邪魔よ、

とうとうどんぐり

みんな捨てる。

 

(どんぐり:金子みすゞ)

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より

 

女の子が山にでかけて、どんぐりを拾ったのに、

次々と捨てて最後にお花に出会い、

どんぐりをみんな捨てる。

目に見えるような光景です。

お花をいっぱいかかえた女の子は絵になりますね。

みすゞさんの少女時代は

こんな風だったのが想像できて楽しい詩です。

今は一人で山へなんか出かけたら

何がおこるか分からない時代ですが、

みすゞさんの時代はのんびりとした

いい時代だったのでしょう。

羨ましい気がします。

こんな詩が書けるのも、平和な時代背景があったのかも。

そしてみすゞさんの心も平安だったのでしょう。

 

鈴木 澪

 

里山の宝もの「どんぐり」、

それが最近少なくなって、

森のくまが農家のくだものを食べにくる。

「ある日 庭の中 くまさんに出会った 

花咲く庭の中……」

(森のくまさんの替え歌)

里山の大切さがさけばれていても、

人間が住むところがどんどん森へせまっている現状。

みすゞさんは里山を愛しました。

そしてその生き物たちの連鎖の大切さを詩に託しています。

                              

大西 進 

 

 

 

明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)