このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「はつ秋」です。

 

白いいかめしい日曜の銀行に、

 

ころ、ころ、ころ、とこほろぎが鳴き、

 

白いやうにうすい朝の空を、

 

すらすらと蜻蛉(とんぼう)が飛ぶ。

 

  (秋は今朝

 

  港に着いた。)

 

白い巨きな日曜の銀行に、

 

陽はかつきりと影をつくり、

 

白い絲のついた蝉は電線にからまつて、

 

うすい翅をふるはせてゐる。

 

 

(はつ秋:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

白い色がこの詩のテーマカラーでしょうか?

 

届いたばかりの秋……、

 

その様子が白色になって我々に語りかけます。

 

鈴木 澪

 

 

秋といえば「もみじ」とくるのに、

 

港についた秋のなんとさみしい白い秋。

 

夏が終っていく中に目をこらすと、

 

こんな風景がみすゞさんに見えたのですね。

 

今年の初秋、私も白を探してみよう。

 

大西 進