このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「にはとり」です。

 

 

お年をとつた、にはとりは

 

荒れた畑に立つて居る

 

わかれたひよこは、どうしたか

 

畑に立つて、思つてる

 

草のしげつた、畑には

 

葱の坊主が三四本

 

よごれて、白いにはとりは

 

荒れた畑に立つてゐる

 

(にはとり:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

                    

 

みすゞさんは、にわとりにさえ「お」をつけて、

 

ていねいにお年よりを敬う姿勢を見せています。

 

にわとりも人間も同じ生き物、年老いた者にたいし、

 

その悲哀を感じるのは同じ生き物として、

 

当然といえば当然であると思います。

 

こうした弱い者に対する思いやりは、

 

みすゞさんの一貫した姿勢である

 

と言えます。

 

「にはとり」、この詩は心悲しい風景である。

 

荒れた畑に立つにわとりの母親。

 

子を案ずる様子がまわりの状況の描写でいっそう、

 

にわとりの心の有様を表現していると思うのです。

 

みすゞさんの短い詩の言葉一つひとつが、

 

どれを取り除いてもその効力を失うという、

 

強いものを感じる。

 

計算されているとも、天性のものとも言える。

 

おそらくみすゞさんにとって、

 

自然にほとばしり出てくるものに違いないと感じます。

 

鈴木 澪

 

 

みすヾさんは世の中で役に立たないと思われている

 

弱いものに特別にやさしいまなざしをむけます。

 

もうご用がすんだからと脇にひっそりといる、

 

とし老いたにわとりを思っています。

 

その舞台は「荒れたはたけ」というように、

 

さらにさらにさびしさを重ねます。

 

大西 進

 

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)