このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「巡禮」です。

 

 

 菜種の花の咲いたころ、

 

濱街道で行きあつた、

 

巡禮の子はなぜ來ない。

 

私はわるいことしたの、

 

あのとき、お金は持つてたの、

 

あねさま三つも買へるほど。

 

そのあねさまも買はないで、

 

思ひ出しては待つてるに、

 

秋のひよりの街道には、

 

やんまとんぼのかげばかり。

 

(巡禮:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

みすゞさんの後悔、

 

自分は悪い子だと落ち込んでいる

 

秋の日の一日の出来事。

 

子どもの純な心が伝わってきます。

 

鈴木 澪

 

 

みすゞは時折、こうかいをします。

 

ああすればよかったと。

 

その優しさの連続がみすゞの生涯の

 

一つの面を型づくっていると思いますが。

 

大西 進

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)